社長令嬢が一転…夢は哲学者からいつしかAKBに

詳細ページ

<こんな人:NMB須藤凜々花>
17日のAKB48選抜総選挙開票イベントのスピーチで前代未聞の「結婚宣言」をしたNMB48須藤凜々花(20)が21日、グループを卒業する決意を明かした。

社長令嬢として生まれ、裕福な家庭に育ったが小学校低学年の時、両親が離婚。
都内の4畳半のアパートに住む母子家庭で育った。
大好きな哲学の勉強をしながら、偏差値65の都立高校に合格。
成績はクラス1位の優等生だった。
夢は哲学者で学費節約のため国立大を目指したが、哲学よりもAKB48が好きだった。

13年11月の第1回AKB48グループドラフト会議に応募し、1巡目で最多3チームに指名され、大阪を本拠地にするNMB48チームNが交渉権を獲得。
母親は「東京のAKB48なら」と複雑そうだったが、単身での大阪移住を決意。
14年1月からアイドル人生を歩み始めた。

昨年の開票イベントは44位でステージに上がり、母親が子宮頸(けい)がんと告白。
会場が一瞬、静まりかえった後、「本当は卒業して実家に帰ろうと思っていたんですけど、夢をかなえるまでは帰らないと決めました」と話した。

AKB48 ニュースファン!!!
詳細はコチラ

おすすめ記事一覧

おすすめ情報

My Bitcoin address:13yHxzoc3iudJpkzJZWhrvSCy425Sqx78M
ビットコインの寄付をよろしくお願いします。
Thank you for donations of Bitcoin.

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする